HTML5 版 vSphere Client でメッセージを伝える。

This post was originally published on this site

今年も、日本の vExpert 有志による Advent Calendar をやります。

この投稿は、vExperts Advent Calendar 2019 – Adventar の 1日目です。

1日目なので、多くの人が利用しているであろう vCenter Server にかかわる Tips を紹介します。

 

最近の vCenter Server の「vSphere Client」について。

これまで、vCenter Server(以降は vCenter)で仮想化基盤を管理するツールは何度か刷新されています。

簡単にまとめると、つぎのようになります。

  • もともと C#版の「vSphere Client」があった。(vSphere 6.0 まで)
  • Flash(FLEX)を利用する「vSphere Web Client」が vSphere 5.1 で登場したが、6.7 より後は廃止予定。
  • HTML5 版の「vSphere Client」が vSphere 6.5 で登場。基本的に vCenter 6.5 以降ではこの vSphere Client を利用する。
    これまでの改善の様子: vSphere Client の機能の更新

 

もう廃止される予定の vSphere Web Client については、

vCenter 6.7 U3 では vSphere Web Client のリンクに赤字で「廃止」と明記されました。

(とはいっても、vCenter 6.7 U3 でも、まだ使用できます)

vc-motd-00.png

 

vCenter 6.7 U3 の vSphere Web Client / vSphere Client のログイン画面です。

この画面は vSphere Web Client / vSphere Client で共通です。

vc-motd-01.png

 

vSphere Web Client にログインすると、

vSphere Client へ誘導するメッセージが表示されています。

vc67u3-ngc-01.png

 

一方、HTML5 版の vSphere Client のデプロイ直後の vCenter の画面です。

最近の VMware 製品の Web UI は、Clarity というフレームワークを利用しており、

だいたい統一感のあるデザインになっています。

vc-motd-02.png

 

今回の vCenter 環境について。

前掲のスクリーンショット「ビルド 14792544」と表示されているので、

2019年12月01日の時点で最新バージョンである「vCenter Appliance 6.7 Update 3a (6.7.0.41000)」です。

vCenter のバージョンとビルド番号は、下記 KB の「Client/MOB/vpxd.log」で確認できます。

 

Build numbers and versions of VMware vCenter Server (2143838)

https://kb.vmware.com/s/article/2143838

 

ちなみに今回の vCenter は、昨年のアドベントカレンダー投稿とおなじく CLI でデプロイしています。

 

昨年の Advent Calendar の投稿:

vCenter 6.7 u1 の HTML5 vSphere Client をクリスマス風にしてみる。

 

今年の JSON: 最近、便利なので “__comments” にデプロイのコマンドラインをメモしています。

lab-vcsa-67u3.json · GitHub

 

vCenter の「今日のメッセージ」設定。

それでは、今日時点で最新の vSphere Client での Tips です。

vSphere による仮想化基盤では、システム管理者は頻繁に vSphere Client にログインするはずです。

そこで、システム管理者に対してメッセージを贈ってみます。

 

製品ドキュメント:

他のログイン ユーザーへのメッセージの送信

 

vCenter のインベントリにて、

vCenter → 「設定」 → 「今日のメッセージ」を開いて、「編集」ボタンをクリックします。

そして、「今日のメッセージの編集」にメッセージを記入して「OK」をクリックします。

vc-motd-03.png

 

vSphere Client から、一度ログアウトします。

vc-motd-04.png

 

vSphere Client にログインしなおすと、画面上部の青帯に、メッセージが表示されています。

(しかし、そんなに目立たない気もします。)

このメッセージは vCenter の「詳細設定」にある vpxd.motd に設定されます。

motd は、message of the day の略です。

vc-motd-05.png

ちなみに、このパラメータは PowerCLI / API だと Read Only で設定できなそうです。

あと、etc.motd のほうは vSphere Client ではなくコンソール / SSH のログイン メッセージ設定です。

 

vCenter Single Sign-on のメッセージ設定。

ただこれでは、メッセージに気づかないユーザもいるかもしれません。

そこで、もうすこしインパクトの強いメッセージ発信をしてみます。

 

先ほどのメッセージは、「vCenter Server」のもつメッセージ機能でした。

ここからは、vCenter の別コンポーネントである「Platform Services Controller」(PSC)のもつ

vCenter Single Sign-on のメッセージ機能を利用してみます。

 

製品ドキュメント:

ログイン メッセージの管理

 

PSC の設定は、vSphere Client の「管理」メニューから実施します。

vc-motd-10.png

 

Single Sign-On 配下の「設定」→「ログイン メッセージ」タブで、

「編集」をクリックします。

vc-motd-11.png

 

「ログイン メッセージの表示」を On にして、

「ログイン メッセージ」と「ログインメッセージの詳細」を記入してから「保存」します。

vc-motd-12.png

 

そして vSphere Client をログアウトすると・・・

vc-motd-13.png

 

vSphere Client の(PSC による)ログイン画面に、メッセージが表示されます。

vc-motd-14.png

 

メッセージのリンクをクリックすると、メッセージの詳細が表示されます。

・・・ただ、これだけだと、先ほどのメッセージより主張が弱いと感じるかたも多いと思います。

vc-motd-15.png

 

さらに、PSC のメッセージ機能では「承諾チェックボックス」を設置できます。

なお、Advent Calendar 紹介メッセージでこの設定を有効にするのはアレなので、ここからはメッセージを変更しています。

検証環境などでありがちな「このラボは2019/12/25に廃止予定です。」といったメッセージを設定しました。

vc-motd-16.png

 

これでログイン画面には、メッセージだけでく、

チェックを On にしないとログインできなくなる「次に同意します」チェック ボックスが表示されます。

チェック ボックスを Off にしたままだと、下記のように追加でメッセージが表示され、ログインできません。

vc-motd-18.png

 

「次に同意します」チェックボックスの隣のメッセージをクリックすると、

さきほどと同様に、メッセージの詳細が表示されます。

vc-motd-19.png

 

チェックを On にすることで、ログインできるようになります。

vc-motd-20.png

 

メッセージを工夫すれば、さまざまな使い道がありそうです。

vc-motd-21.png

 

以上、vCenter の Tips でした・・・

明日の vExperts Advent Calendar 2019 – Adventar は、Kaneda Naoyuki さんです。よろしくお願いします。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.